ブラックカイトの日経225先物で夢を叶える

日経225先物専業トレーダー
日々の戦略と結果を配信致します
日経225先物の無料ブログです

今週と今年の結果の比較と反省

今週は出来過ぎ 


【今週(5/1~5/12)と先週の成績と比較】
 
総エントリー回数 38回←60回
一日当たりのエントリー回数  7.6回←8.5回
勝敗 30勝6敗2分け←40勝12敗8分け
勝率 78.9%←66.6%(引き分けは負けとする)
利益1020円←735円
総利益 1160円←735円
一回当たり利益 38.6円←23.3円
ロスカット総額 140円←200円
一回当たりロスカット金額 23.3円←16.6円
一回当たり最大利益300円←55円
一回当たり最大ロスカット 30円←30円
PF 1160÷140=8.28←935÷200=4.67
期待値 26.84円←12.25円
 
【本年度の成績】
 
総エントリー回数 1196回
一日当たりのエントリー回数 12.86回
勝敗 748勝284敗164分け
勝率 62.5%(引き分けは負けとする)
利益 9010円
総利益 12605円
一回当たり利益 16.85円
ロスカット総額 3595円
一回当たりロスカット金額 12.65円
一回当たり最大利益 300円
一回当たり最大ロスカット 145円
PF 12605÷3595=3.50
期待値 7.53円



 
【目標と結果(本年度通算)】
 
一日当たりのエントリー回数 15回以下・・・クリア
勝率 60%・・・クリア
一回当たり利益 20円超・・・未達
一回当たりロスカット金額 20円以内・・・クリア
PF値 4.0以上・・・未達
期待値10円以上・・・未達
 
【目標と結果(今週)】
 
一日当たりのエントリー回数 15回以下・・・クリア
勝率 60%・・・クリア
一回当たり利益 20円超・・・クリア
一回当たりロスカット金額 20円以内・・・未達
PF値 4.0以上・・・クリア
期待値10円以上・・・クリア



応援クリックお願い致します




連載①「100万円の元金で毎年1000万円!」を達成するポイント



トレードで年収1000万円を達成するにはいくら必要?
株式投資ならかなりの金額が必要かもしれません。
しかし「トレード」=「投機」であるならば回転を効かせて
年収1000万円なら余裕を持って100万円あれば十分です。
しかもリスクに晒すのはミニ10枚で36万円
そんなトレード方法をお教えいたします


トレードで安定した利益を上げ続けるために必要な資金は?


トレードで安定して利益を上げ続けるには、何か特別なテクニックが必要だろう?
皆さんはそう誤解していませんか?
トレードの世界では「億トレーダ」が成功者と思われていますが、それもまた誤解です。
年収1000万円も年収1億円もやっていることは同じです。
リスクに晒す資金とそれに耐えられるメンタルが違うだけです。
何か特別な事情や覚悟があるのなら別ですが、先ずは年収1000万円を目指しましょう!!
それなら元金は100万円で十分
日経225先物のミニ10枚で保証金は一日信用で36万円
後は予備資金です。
ミニ10枚で一日の利益を50円、1日5万円
これで月20日トレードして月収100万円になります
慣れるまではミニ5枚からスタートすることをお勧めします






トレードで安定して利益を上げ続けるポイント


トレードで安定して利益を上げ続けるには何が必要か?
高度なテクニカル指標を組み合わせて活用し、株価を予想する
そんなことを考えていませんか?
トレードで安定して利益を上げ続けることはもっとシンプルです
シンプルなのですが、それがとても大変なのです
簡単なことなのですがそれが簡単に出来ない
これがトレードの世界で90%が負け組と言われる由縁です
では、そのシンプルなポイントとは?
トレードで安定して利益を上げ続けるには


「売買ルールを守る」
「メンタルコントロールをする」


この2つが欠かせないポイントです
しかし、この2つをキチンと実践出来さえすれば、
毎年年収1000万円を実現することは誰にでも可能なのです
「売買ルール」とは何か?
「メンタルコントロール」とは何か?
チャンスを確実に掴み、無駄な損失を回避するために欠かせない
「資金管理」と併せて解説します。


投資とトレードの違い


先ずは「投資」と「トレード」の違いを皆さんは説明できるでしょうか?
トレード経験の長い方でも混同されていることに驚かされます
ここでは「投資」と「トレード」の違いを簡単におさらいしましょう
「投資」とは、「企業の将来の価値」にお金を投じる行為
「トレード」とはつまり「投機」で
過去の株価から現在までの株価に焦点を当て、現在の株価に対してお金をかける行為です
ここで説明するのは「投資」ではなく「投機」
投資と違いトレードは会社四季報やPERなどで分析するのではなく
今の株価が上がるのか?下がるのか?
これを時間軸の間で考えるのです
「投資の神様」と言われるウォーレン・バフェットさんですら投資では年率7~10%
神様でもない僕らでも月利100%を実現できるのが先物トレードである投機なのです
年収1000万円と書きましたが、人によっては、この額では大きすぎると思うかも知れませんし、足りないと思うかも知れません
いずれにしても、この数字は、当たり前のことを当たり前に実践すれば、誰でも達成できる数字です
実際のところ、先物トレードで年間1000万円の利益を稼ぐのも年間1億円の利益を稼ぐのも、本質的にはやる事は変わりません。
そして、稼ぐ額が少なかろうが、稼ぐ額が増えて行こうが、この2つの本質土台からずれることはないのです。
後は、経験を重ねて、自分の技術が向上すると資金の使い方がじょうずになる。
その結果として、動かす額が大きくなり、複利が大きくなる。
そして、あなたの資金も増える
このようにして、プラスのスパイラルが大きくなります。
慣れれば慣れるほどに、リターンは加速度的に大きくなっていきます。




2つのポイントはどちらが欠けても意味がない


では、利益を出すために必須の2つのポイントは何か?
それは・・・


① 売買ルールを守る
② メンタルコントロールをする


この2つを本質的に抑えておくことが、安定して利益を上げ続ける必須の要件です
そして、売買ルールをさらに細分化すると3つに分けて考えることが出来ます。」」


① 売りと買いの選択
② 売買のタイミング
③ 資金管理


このうち資金管理はとても重要なので、今回は
「売買ルールを守る」
「メンタルコントロールする」だけではなく
ここに「資金管理する」を加えて
・売買ルールを守る
・資金管理とは
・メンタルコントロールをする
と言う順に次回より書いて行こうと思います


世間で良く話される
「テクニカル指標はどれが良いのか?」
「どのタイミングでエントリーすれば良いのか?」
「売りなのか?買いなのか?」
と言ったことは、これから説明する内容を理解できた上で初めて意味を持ちます
従って、今回は
「指標は?」
「タイミングは?」
「売り?買い?」
と言う気持ちはひとまず遠くにおいてください
また、2つのポイントはそれぞれ独立して存在している訳ではありません
メンタルが崩れればすべてが台無しになりますし、
ルールがなければメンタルを活かすことも出来ません
2つは有機的に絡み合っています
どちらか一方では意味がないのです


それでは次回より順に説明して行きましょう


クリック応援よろしくお願い致します

日経225先物 ナイトセッションの戦略の結果と反省

【ナイトセッションの戦略】


①19530円を割って戻して来た所で19530円の買いのエントリー
利確 19570円 ロスカット19510円➡実現せず


②19530円から戻して来た所で19570円の買いのエントリー
利確 19610円 ロスカット 19550円➡実現せず


③19500円より上で各節目で買いのエントリー
利確 次の節目 ロスカット 20円
 但し19700円ではエントリーしない
➡19610円で買いのエントリー利確19630円
➡19630円で買いのエントリー利確19660円
➡19660円で買いのエントリーロスカット19640円


【ナイトセッションの合計】


L19610-19630+20円
L19630-19660+30円
L19660-19640-20円


ナイトセッションの合計2勝1敗 30円のプラス



過去の戦略と結果はこちらでどうぞ!!


https://ameblo.jp/blackkite1133/


ポッチッと応援よろしくお願い致します
↓ ↓